1. トップ
  2. コンテンツ
  3. マーケティングとマネジメント
  4. オススメの広告方法2

オススメの広告方法2

 ラジオ広告 1回20秒のスポット広告が月100本で40万円でしたらリーズナブルな料金でしょう。 債務整理や自己破産、過払い利息の返還請求など同一事件を大量に扱う事務所に向いている広告方法です。
一部の地方ではすでに利用されています。

 テレビ広告 アメリカでは珍しくもない広告方法のようですが、日本の法律事務所でこれを採っている所はまだないようです。効果は確かにあるでしょうが、地方局の15秒スポット広告で1回72万円は高過ぎます。近い将来日本でも利用する事務所が出てくるでしょう。

 ホームページ 広告という面だけでなく、その事務所の情報を公開し、ブランドイメージを高めるという点でもおオススメです。作成する費用もトップ4頁20~30万円でできます。法律事務所はぜひ、自分のホームページを持ちましょう。

 メールマガジン 週1回のメールマガジンの発行をオススメします。内容は1件の無料法律相談と新しい判例や法律豆知識で良いのです。配信料は無料。作成する時間がかかるだけで毎週事務所の宣伝ができます。

 キーワード検索広告 クリックがあった場合だけ料金が発生しますので広告効果が確実に計算できます。
  但し、GoogleAdwordsの場合、人気のキーワードは結構高い料金となります。
(例えば1クリック「弁護士」で103円、「破産」で446円となっています)

 アフィリエイト広告 個人のブログなどで商品やサービスを紹介し、資料請求や依頼があったときだけ紹介料を支払う成果報酬型の広告。今もっとも伸びている広告方法です。A8netの場合、導入費用で52,500円、管理費が月43,000円かかります。

結論的に言いますと、広告効果・費用・品位の三点からみて、法律事務所にとっておススメの広告方法は、ホームページやメールマガジン、キーワード検索、アフィリエイト広告などのインターネット広告だということになります。

リーガルフロンティア21 代表取締役 生千歳

» 次ページ:「顧問先の開拓と確保」