1. トップ
  2. コンテンツ
  3. 弁護士のためのオンライン営業セミナー
  4. テーマ4:交通事故案件獲得のためのノウハウ | 顧客獲得のための方向性

顧客獲得のための方向性

  1. 専業代理店(特に専業・乗合代理店)と連携し、顧客サービスの向上、あるいは新規開拓・乗り換えの際の「売り」として、事故発生時に弁護士に相談できる体制を構築し、相談案件から顧客を獲得する

この体制を構築することによる各当事者のメリット

  1. 保険契約者
    • いざというときに弁護士に相談できる安心感
    • 損害賠償額の増額
    • 実質的な費用負担はない(弁護士費用等保障特約を利用している場合)
  2. 保険代理店
    • 保険契約者の信頼度・満足度向上→契約継続率向上
    • 弁護士費用等保障特約の有用性アピール→特約を付ける契約者の増加

     ↓
    手数料収入の増加

  3. 弁護士
    • 案件数の増加
    • 依頼者の身元がある程度はっきりしている
    • 弁護士費用の回収に問題が少ない(弁護士費用等保障特約を利用する場合)
  1. 自動車整備工場(特に保険代理店を営んでいるもの)と連携し、案件を獲得する

交通事故発生時に、車両の修理費用の保障は比較的トラブルになりやすい。自動車整備工場は、車検などを通じて運転者と関係性を築いているケースが多く、事故時に相談を受けることも多いと思われる。そういった整備工場と連携し、紹介を受け、案件につなげる。

整備工場としても、事故発生から修理、保険手続(保険代理店を営んでいる場合)、法的手続までが整備工場でワンストップで解決できるのであれば、利用者の利便性が高まり、メリットは大きい。

  1. 医療機関(病院・鍼灸整骨院)と連携し、案件を獲得する

交通事故の場合、後遺障害となり、長期の治療を要する場合も少なくない。特に、むち打ち症の場合、検査で異常がみられないケースも多く、病院での治療に限界があるため、鍼灸整骨院を利用するケースが多い(交通事故の後遺障害を専門とする鍼灸整骨院も多い)。そういった医療機関と連携し、紹介を受け、案件につなげる。

医療機関(特に鍼灸整骨院)にとっても、損害賠償の請求が円滑に行われることで、治療費の請求もしやすくなるというメリットがあるとともに、治療から保険手続、法的対応までサポートできるとなれば、医療機関の価値が高まるといえる。

» 次ページ:「具体的手法」